notebook
 2004年12月 ≪notebook top≫

2004/12/31
怒涛の仕事を納めて、稽古納めて、大掃除やって、呑みたおして、気付けば大晦日。
皆さんにとって、この一年はどんな一年でしたか?
早かったような、長かったような・・・
色んな事があった一年でした。

佐賀の演劇界にとっては、転機となった年でしょう。
何より、ティーンズミュージカルSAGAが成功を収めたのは何よりの功績ですね。
第二期があるという話です。是非、頑張ってほしいものです。

2005年はきっと佐賀演劇界にとって転機の年になるでしょう。
Ziシアターも少しずつ変化しています。
どう変わっていくか?
作り手だけでなく、客席にいる皆さんの手にもかかっているように思います。

どうぞ、2005年も宜しくお願いいたします。
皆様にとって良い年になりますように・・・・


2004/12/21
鬼のように忙しいのです。私だけでなく、劇団員みんなが残業攻撃と闘っています。
・・昨日の公民館での練習に、誰も参加できないなんて・・!
確かに、例年12月は集まりが悪くなるのですが・・。ちと、今年は異常ですな。
まぁ、この週を乗り切れば、きっと楽になる筈! 倒れないようがむばろう。

そんなこんなで、最近は作業日が多かったりしました。
作業のひとつに、チラシの折り込みがあるのですが、先日、市民劇場さんの
例会がありましたので、いつものように会場入口で配らせて頂きました。
これが、結構、人間観察ができて面白かったりします。
興味を持ってくれる人。目もくれず通り過ぎていく人。何となく受け取ってくれる人。
仕方なしに手にしていく人。笑顔で挨拶を返してくれる人。
ほんとに様々な方がいらっしゃいます。
1人でも多くの方に見て頂きたいと思いながら、一枚一枚手渡していくのですが、やはり、
興味を持っていただけると嬉しいですし、通り過ぎられるとかなしい気持ちになります。
そのたびに、地元の劇団にも目を向けて欲しいな、と思ってしまうのです。
確かにアマチュアですし、至らないところもあるかもしれません。ですが、自分たちだけの
発表会ではなく、お客さんに楽しんでもらえる舞台を目指して製作しているのです。
まずは、観にきて欲しいと思うのです。役者を育てるのは観客の「目」ですし、逆に、
観客の「目」を育てるのは役者であり劇団だと思うのです。
お互いが関係しあって成り立っていくのが演劇なのではないでしょうか?

今、佐賀演劇界はひとつの転機を迎えつつあるように感じます。
「劇団」だけでは盛り上がらない波なのです。観客席にいる貴方の「目」が必要なのです。
さぁ、一緒に佐賀の演劇を育ててみませんか?

23日には鹿島を中心に活動する劇団ヤマトさんのクリスマス公演。
25・26日には一年間かけて製作してきたティーンズミュージカルSAGAの公演が。
そして26日には金曜ショー劇場番外芝居が上演されます。

是非、観て欲しいと思います。観てみない事には始まらないのですから。


2004/12/15
昨夜の話し合いは、なんだかんだと25時半までかかりましたが、良い方向に進んだのでは
ないでしょうか? 今回の公演はこれまでのZiでは無かった題材ですし。
たくさん話して、たくさん喧嘩して、好い物つくっていきましょう。

さて、本日は仕事が休み(次の休みは年末)でしたので、色々やるぞーっと、
寝不足な頭をむりやり起こしたところに、急に片付けなくてはいけない仕事ができて、
初っ端から計画変更。いやいや、まあ、そんなことには慣れっこですので、
慌てず騒がす、とりあえず洗濯洗濯。仕事を片付け、自分も洗濯して、
そしてお部屋の掃除(掃除機かけるだけじゃろ)
そうこうしてるうちに、おお、こんな時間だと、行動開始。まずはスタジオへ。
とうとう来週末に本番を控えた、ティーンズミュージカル「PEACH KIDS」の道具製作の
まっさかり! しばし、世間話。手伝えなくて申し訳ないなーと思いつつスタジオを後に。
佐賀デイトスのうどんやさんで食事をすませ、佐賀駅バスセンターへ。
結果。バスセンターの待合室にある情報掲示コーナーには、現在、公共の施設が行っている
催し物のチラシのみを置くようにしているという事。今回は断念。しかし、問い合わせ先の
佐賀市役所まちづくり推進課の方は丁寧に応対してくださいました。有難うございました。

その後、市民活動プラザや、アバンセを回って、置チラシの依頼。
アバンセ、置けるようになったんですね。感謝です。
そして、情報誌の各社にフライヤーを持っていき、掲載のお願い。
某社で、見知った顔に出会い、ちょっとオドロキ! お外モードが崩れようかとしました(汗)

そして、また置チラシの依頼へ。
東予賀文化ホールふれあい館、美術館ホール、県立図書館・・・
んー、やっぱり、こういうフライヤーを置ける場所って少ないんですかね、佐賀。
いや、きっとそんな事なくて、もっと身近で、近いところに、いっぱいあるのかも。
明日は職場の近くをまわってみることにしよう。あ、年末ジャンボ手にいれなきゃ。

そんなこんなでもう日暮れ。スタジオに戻り、作業の片付けのお手伝い。
一度家に戻り、夕飯すませ、ほかかー(ホットカーペット)に捕まりそうになるのを
必死の思いで阻止し、再びスタジオへ。
おお、今日は集まりがいいぞ! 練習に励む皆の声を聞きつつ、チラシの分配。
練習終了後、PEACH分の作業をちょっとだけお手伝い。。

ん? 何だか思いっきり、「日記」だ。ま、いっか。

さてさて(あまり認めたくは無いのですが)今年もあと二週間ですね。
どうか、来年は「災」な年ではありませんように。
ではでは、おやすみなさい。

2004/12/13
あれ?はやっ!ってな気分です。さすが師走! 忙しかとです。
現場はまだそこまで忙しくないのですが、頭の中が何だか忙しい。、
いや、もしかしたら冷静になって整理整頓していったらそんな事ないのかもしれません
が、整理整頓する時間が欲しいぞ?ってな気分です。
あぁ。一日が36時間あったらいいのに・・・。

さておき、昨日、カードダイレクトメールを発送しました。
そろそろ皆さんの手元に届く頃でしょうか?いかがです? 良い感じでしょ?
って、ここでお見せできないのが残念。近いうちにUPしますねー。
いや、しますよ! しますってばっ!!(逆ギレぎみで)

そうそう、今日は公民館で練習でしたが、約一名来ない。むむむ。
演出様がちょっとお怒りのご様子だ。しかし、連絡取れない。そうこうする内に練習終了。
 K:「じゃあ、‘怒’って一言送っておいて下さい」>演出
 F:「じゃあ、皆で。」
 K:「え?一斉に?」
 一同:「あはははははっ」
良かったね、笑い事で済んで >H君

明日はスタジオで練習です。練習の後はお話合いです。
日付が変わらないうちに終わるといいなー。いや、終わらせようよ。
と思いつつも、気付くととっくに過ぎてたりするんだ。これが。
そうして毎日が繰り返されるのであった・・・。

あー・・スペースシャワーTVで忌野清志郎様がうたってるぅ。カッコいいです。
スゴイです。1996年のライブのVTRらしいです。その客席に行きたいです(願)
・・ライブ行きたいなー。みんなで行こー。うん。
あ、そういや「皆で温泉」も、ずい分長い間実行されてませんなぁ・・。
そうか、今年の忘年会は「皆で温泉」にすればよかったのか?
今なら間に合うか?(まにあいません!) ま、来年は計画してみるか?
でもきっと忘れてんだよ。忘年会の予約を忘れてるくらいだからねー(笑)
だめです。そんなこっちゃ。がんばろっ。
ひとまず、おやすみなさい・・

2004/12/9
うわぁああっ、1週間過ぎてるし・・・
そんなわけで、ちょっとこの七日間をふりかえってみようかなと・・
2日はチネチッタで『ローマの休日』を鑑賞。オードリーの美しさ・可憐さにもう感動です!
物語の余韻に浸りつつ稽古場へ向かいました。その日は練習と報告会で終了。
3日はおやすみ。そして4日の土曜は作業日。スタジオの片付けの予定が人が揃わず
翌日に持ち越し。そんなこんなで、日曜も作業。その後、練習に入る筈でしたが、これまた
人数が揃わず何だか「なんとなく練習」な感じで練習は終了。その頃、N嬢がカード試作品を
もってスタジオ到着。「お!いいじゃん!」 と一発OK。この時点で、30↑が、全員居たりして、
ま、誰も異論を唱えることなく呑みに行くことが決定。速攻、いつもの居酒屋にTEL。荷物を
まとめ、さぁ出ようかとしたその時に事件が起きたのです。ま、それに関しては、また後日・・・
いやぁ、その日はホント良く呑みました。軽くって言ってたのは誰だよ!みたいな。
いやいや楽しゅうございました。今度は30↓も一緒に行きましょう。
で、次の月曜は昨日のアルコールを抜・・・いやいや、以前から気になっていた天照の湯に
行って来ました。これがホント、いいのですよ。まぁサウナみたいなもの、なんですけどね。
しかし、かなり体力奪われます。よく言えば、ぐっすり眠れます。(私の場合、一日以上
使い物にならんかったです。3分の2くらいの時間ならちょうどいいかもしれません。)
まぁ、その日は、公民館にて練習。現地解散。
火曜は・・えっと、スタジオにて練習でしたな。前半は台詞が入ってきた様子。このまま
ガンガンいれてってほしいものです。
8日水曜日は伊万里へ。「宍の会」の公演を観劇してきました。
初めて拝見させていただいたのですが、よく練習されているようで、皆さん熱演です。
戦後のお話で、たくさんのメッセージが込められていたように思います。
1回公演というのはもったいない気がしますね。それにしても、残念なのは、会場で鳴り
響く携帯の多い事です!その他にも、プロローグの静かな場面にも関わらず、ジャラジャラと
キーホルダーを鳴らして入場してきたり・・。周りの状況が目に入らないのでしょうか?
それに劇団側でも、プロローグが終わるまで入場を制限する方法もあるかと思います。
気にならないのでしょうか?疑問です。 もうひとつ、どうしても気になってしまった事は
暗転ではない暗転です。非常灯が消灯できない会館ではフィルターを貼らせてもらったり
します。いや、確かにその処置はされていたのですが、結果的に、暗転にならないのでは
あまり意味がないのでは? 暗転中に移動する役者が、客席最後部から見えるというのは
どんなにそれまで良い芝居をしていても興醒めしてしまいます。
細かい事かもしれませんが、観客の視点で舞台を見直すというのは大切な事だと思います。
さて、観劇の後、佐賀へ戻り練習。ちょっと進行状況にチェックをいれ解散。
木曜はいつものとおり公民館にて練習。その後スタジオ。
おおぉっ!待ちに待ったチラシが届いているではないですか!!
早速、皆が本読みしている横で仕分け作業。今週末には、カードも出来上がるはず。
来週くらいには、あちこち出まわっている筈です。お楽しみに!
はぁ、何だか1週間以上あったような・・こまめな更新を目指そう!おー!!
ではでは、おやすみなさい・・・


2004/12/2
最近とっても眠い病の管理人Kです。皆様はいかがお過ごしですか?
さて、先日福岡はメルパルクホールへ観劇に行って参りました。
パルコプロデュース『ピローマン』
いやいや、堪能しましたよ。前半は淡々とすすむ流れでした。弟役の高橋さんの声が
それはもう柔らかくて・・・、知恵遅れの兄に話す物語が、眠い病の私にはホントに寝物語に
なりそうでした・・(泣) そして、それまでの静かな柔らかい空気から、え?そんな?って感じで
1幕終了。しばしの休憩。さて、2幕は少し雰囲気変わって、これまた意外で笑える展開が
あってりして、ぐんぐんラストに向けて物語に引き込まれてゆきました。
どう終わらせるのか?というのが頭の片隅にあったのですが、もうホント、何ていうんですか?
分厚い本を読み終えて、・・パタン・・と閉じたような・・・。 拍手拍手。堪能です。
楽しませていただきました。ついつい物販でお買い物なんかしてしまったりして。
それにしても、3時間半。会館をでたのは22時半でございました。車で行ってて良かったと
本気で思いましたよ。休憩に入ったのが21時でしたから、その時点でかえってしまわれた方も
少なくなかったようです。開演時間がもう少し早かったら良かったんでしょうが・・
今回はロビーに上演時間の案内も無かったような・・・? あったのかな?どうなんだろう。
ま、そんなこんなで帰り着いたのは24時過ぎておりましたとさ。
でもやっぱり、お芝居はいいですね。次はどれに行けるかなー?
いけるかなー? いってもいい?? 行っちゃおうかなー? まずチケットとらなきゃね。よし。

さて、劇団の方はといいますと、ようやく脚本最終稿(?)がやってきたりして、チケットも
発売になったりして、慌しくなってきましたよ。チラシももうすぐできますし。
そうそう、この間ですね、チケットを取扱いしてくださる会館さんを回ってきたんですけれども
どちらも親切にして頂いて、感謝感謝です。ありがとうございます。お世話になります。
皆様、機会がありましたら、各会館の事務所で取り扱っていますのでお気軽にどうぞ。
 チケット取扱い>>佐賀市交流センター、佐賀市文化会館、佐賀市民会館
もちろん、ローソンでもとりあつかっていますからね! ロッピーって結構楽しいんですよ。
チケット購入→ジャンルを選ぶ→演劇→九州地区と進むと(微妙に違うかも?)、ロッピーで
取り扱っている公演が検索できて、つい目的以外の公演に惹かれたりしたりします。
お時間のある方は是非お試しください。意外と簡単に購入できますから。
あ、お急ぎの方は Lコード「85717」を入力して下さいね。

さてさて、12月に入って本格的に寒くなってきました。
皆様、風邪などひかれませんようお気をつけ下さい。
それでは、また・・・。

≪notebook top≫